クレジットカードとキャッシングの違い

MENU

クレジットカードとキャッシングの違い

クレジットカードの「クレジット」とは、日本語で「信用」の意味を表します。その意味の通り「信用」を使ってその場では現金を払うことなくお店を利用できるカードになります。クレジットカードを使って利用したお店の代金などは、通常翌月に一括で支払うことになり、この場合利息などは発生しません。しかし、分割やリボ払いなどで支払う際には利息を払うことになります。また、ほとんどのクレジットカードにはキャッシングの機能もついており、クレジット機能ではなくキャッシング機能を利用した場合は翌月に一括払いであっても利息を支払うことになります。一方「キャッシング」というのは、「現金に換える」や「小口融資を受ける」などの意味があり、その意味の通り「現金を借りる」こと指します。現金を借りる相手は「信販会社」や「クレジット会社」、「消費者金融」など様々な場合があります。キャッシングの返済方法も翌月一括払いなのですが、クレジットと違いキャッシングの場合は翌月一括払いであっても利息がつきます。大まかに言うとクレジットは信用を使って「ツケ」で支払いを済ませることを指し、キャッシングは現金を借りることを指します。